メイン画像

肩こりについて

肩こりとは

肩こり

 肩こりとは肩の筋肉が緊張して硬くなっている状態をいいますが、肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)のように腱板や関節包がどうなっているとか病的な変化や定義はなく漠然としたものであり、症状というよりは状態を表現している名称と言えるでしょう。

肩こりの症状

icon_check 首の張りや凝り痛み

icon_check 肩の張りや凝り痛み

icon_check 背中の張りや凝り痛み

icon_check 頭痛や吐き気


肩こりの原因

肩こりの主な原因は姿勢の悪さです

 肩こりの原因は長時間のデスクワークのように同じ姿勢を続けていることや、猫背等の姿勢の悪さが原因です。

肩こりが起こるメカニズムのひとつとして

  • ①長時間の同じ姿勢や不良姿勢による筋肉の緊張。
  • ②筋肉の緊張と収縮による血管の圧迫、そして血流の悪化。
  • ③血流悪化に伴う老廃物の蓄積。
  • ④蓄積された老廃物による神経の刺激、そして痛み不快の認識。
  • ⑤痛みによる神経の興奮で更なる筋肉の収縮。
  • ⑥再度②に戻る。

 このように更なる筋肉の緊張と収縮による血管の圧迫、そして血流の悪化を繰り返し、どんどん状態が悪くなるという負のスパイラルを起こします。

肩こりは関節の歪みからも引き起こされます

 背骨や肋骨等の関節の歪みも肩こりを引き起こします。何故かと言いますと、関節が歪んでいるとその関節から異常信号が脳に送られます。その異常信号が筋肉の緊張を引き起こす原因になるのです。異常信号が送られている状態が長く続けば筋肉がどんどん収縮して血管を圧迫し、上記のメカニズムを繰り返すことになるのです。

 また、関節が歪むとその周辺の筋肉がそれ以上歪みを大きくしないために、硬くなって関節を固定しようとします。 筋肉によるコルセット・ギプスみたいなものです。ですから歪みを放置すると長い期間筋肉の収縮が維持され、上記のメカニズムから抜け出せなくなるのです

肩こりはストレスや自律神経の乱れから来ることもあります

 ストレスや自律神経の乱れも肩こりの原因になります。ストレスによる緊張や自律神経の乱れにより、血管が収縮し直接的に血流を悪くしたり、筋肉の緊張を引き起こすことで慢性的に肩がこる要因をつくることになります。


仙台あべ整体は上部頚椎を矯正することで肩こりを改善します

肩こりの症状が重いほど筋膜の癒着が存在します

 当院では上部頸椎の矯正により体全体の歪みを一気に変化させます。

頸椎の矯正により全身全ての関節を変化させるのが上部頸椎カイロプラクティックの神髄です。

 上部頸椎の矯正後に歪みが残っていれば適宜その箇所を直接矯正します。また肩こりの場合は症状が重いほど筋膜の癒着が存在します。これらの筋膜の癒着も上部頸椎の矯正により改善は示しますが長期間かかるので、直接的に癒着取るアプローチを追加することもあります。

 

筋骨格系の重要ポイント

  • ・頸椎の歪み(ストレートネックによる頭部の荷重負担増)
  • ・肩の内旋(巻き肩による背中への影響)
  • ・胸椎の歪みと可動性(内臓機能との関連性、浄血作用の低下)
  • ・肋骨の歪みと可動性(肺機能との関連性、呼吸が浅いと筋肉が硬くなる)
  • ・骨盤の歪みと脚長差(左骨盤の問題が右肩に影響する)
  • ・筋膜の癒着(特に浅筋膜・ファシア、毛細血管レベルの考察)

肩こりが改善した患者さんの体験談

  • ・20代女性
  • 肩こりが楽になりました。エステや鍼に継続的に通っていましたが、こちらにお世話になってからは肩こりがかなり楽になりました。これまでは毎日こりを感じていましたが、今では肩の不快を感じない日がほとんどです。

  • ・40代女性
  • 学生時代からの肩こりで、特に就職してからはマッサージや整骨院通いが始まりました。ただ揉むだけでは根本的な解決にはならないと思いここ数年は整体やカイロプラクティックを受けるようになりました。でもどこに行っても根本的な改善は得られませんでしたが、阿部先生の整体を受けてからは、肩のあの締め付けられるような苦しみはなくなり、仕事も家事もストレスなくこなせるようになりました。

  • ・50代女性
  • 肩こりが酷く頭痛やめまいで三日に一回は痛み止めを服用しておりました。先生に治療をして頂いてからは頭痛やめまいは治まり、肩のこり具合も以前と比べそれほど苦にならない感じです。

ホーム>肩こりについて

ページトップに戻る