メイン画像

骨盤の歪みについて~引き起こされるトラブルと原因~

骨盤の歪みはさまざまなトラブルの元

 骨盤は体の中心位置し、上半身と下半身をつなぐ重要なポイントになります。私の施術ターゲットである背骨の土台として、また両足がはまり込む受け皿・ソケットとして大きな役割を果たしています。骨盤の歪みは腰痛や股関節痛はもちろん、坐骨神経痛等足のしびれまで引き起こします。

 骨盤を形成する骨は3つあります。真ん中の仙骨に左右の寛骨、それに尾骨です。仙骨や寛骨が前方に傾いたり後方に傾いたり、外側に開いたり内側に閉じたり歪みます。特に前後の捻じれと上下の歪みの組み合わせにより、左右の足に脚長差が生じます。整体やマッサージで片方の足が短と言われたことのある方もいらっしゃると思いますが、それはこの歪みの為です。

 特に腰痛、腰椎椎間板ヘルニア、すべり症、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、変形性股関節症、生理痛でお悩みの方には骨盤の歪みが顕著に見受けられます。歪みの無い骨盤で健康な毎日を取り戻しましょう。

骨盤の歪みが引き起こすトラブル

  • ・腰の痛み
  • ・お尻の痛み、しびれ
  • ・神経痛、足のしびれ
  • ・股関節の痛み
  • ・足の痛み、つり
  • ・生理痛
  • ・足の冷え、むくみ
  • ・お腹、お尻のたるみ
  • ・足のリンパの流れが悪くなる

骨盤の歪みの原因

  • ・椅子に座る時に背もたれを使う
  • ・椅子に浅く座っての背もたれはさらに悪い
  • ・椅子に座って足を組む
  • ・あぐら、横座り、ペチャンコ座り
  • ・猫背、背筋を丸める
  • ・肥満、特にお腹周り
  • ・片方の手で荷物を持つ
  • ・ハイヒール
  • ・筋力の衰え、低下
  • ・筋肉の緊張、アンバランス
  • ・妊娠、出産

骨盤の歪みと足のしびれ

 足のしびれの代表格として坐骨神経痛があります。原因としてはヘルニアや狭窄症等になります。また、ヘルニアや狭窄症以外でも、骨盤の歪みが直接的な原因として足のしびれを引き起こしていることもあります。それは骨盤が前傾することで起こる大腿外側皮神経痛です。

 大腿外側皮神経痛を整体的に考察すると、骨盤を支える腸腰筋の収縮や反り腰等によって骨盤が前方に引っ張られます。大腿外側皮神経は骨盤の前面を走行しているので、前傾した骨盤の先端が神経に当たってしまいます。そして骨盤が神経に触れ続けることにより、しびれや痛みが起こります。

 大腿外側皮神経痛の場合は太ももの側面からやや前面にかけて、坐骨神経痛の場合は太ももの裏側にしびれが出ます。トラブルの起きている部位によって容易に判別できるものです。原因がはっきりしない足のしびれでお悩みの方は骨盤の歪みを疑ってみてはいかがでしょうか。

骨盤の矯正について

当院の骨盤矯正

 当院では上部頸椎の矯正により神経の働きを高めることで全身の歪みを一気に改善します。直接骨盤をボキボキとかは基本的に行いません。骨盤に触れなくても上部頸椎が整えば骨盤も自然に矯正されます。上部頸椎の矯正後も骨盤の歪みが改善していない時は直接的に矯正致します。

 骨盤の矯正と聞くと、骨盤をボキボキというイメージが強いと思います。それはそれで間違いではありませんが、それは対症療法的な矯正であり、根本的な原因の矯正ではありません。骨盤の歪みの根本原因こそが上部頸椎にあるのです。当院は上部頸椎の矯正が出来る数少ない専門院です。

骨盤矯正グッツについて

 骨盤矯正を謳うクッションやベルト等が販売されておりますが、それらを使用して腰が痛くなったと来院される方も少なくありません。全てを否定するつもりはありませんが、そのほとんどが期待できないものと感じます。正直、説明書の構造と理論を確認すると、これで矯正効果は無いだろうという程度のものです。残念ながら使用して効果が無いならまだマシで腰を屈めてお越しになる方もいらっしゃいます。

 当院に矯正グッツを使用して腰痛を訴えてお越しになる方は大抵、2、3回使用したら少し変になり、しっかり治そうとさらに続けることで痛みが増してくるというパターンの方が多いです。数回使用して何かおかしいならご自分の身体には合っていないものと理解し、使用を中止するべきなのです。でもせっかく買ったものだからとの心理が働いてしまうようです。

 数回使用していつもと違う感覚が出たら、一旦休んで数日してからまた使ってみるとか、徐々に慣らしていくようにしたらよろしいと思います。でも、通販のグッツで矯正できるなら我々も苦労しません。私も20年間あらゆる整体を研究しても未だ道半ばです。100人来て100人に100点満点の結果を出すことは困難です。ただ、直接見ている分、これは危険だなという状況判断が出来ます。ですからグッツと違い余計に悪くすることはございませんが、グッツの場合それをご自分で判断しなければなりません。その辺がグッツの難しいところです。


ホーム>姿勢アドバイス>骨盤の歪みについて

ページトップに戻る