メイン画像

腰痛の整体的考察

腰痛と歪みの関係

 腰痛で当整体院に来られる方は本当に大勢いますが、腰痛とひとことで言ってもさまざまな種類があります。急性腰痛いわゆるぎっくり腰をはじめとして、筋筋膜性腰痛、腰椎分離症、腰椎すべり症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板症、腰部脊柱管狭窄症、変形性脊椎症など同じ腰痛でも症状や原因に違いがあります。

 いずれにしてもそれらの腰痛を引き起こす根本原因は姿勢の悪さからくる筋骨格の歪みです。立っている時、座っている時、荷物を持っている時など日常生活のさまざまな場面での悪い姿勢が知らず知らずに腰部に負担をかけ、筋骨格の歪みを発生させているのです。 そしてそのような状態をある一定期間放置することで上記のような症状が引き起こされてしまうのです。

 では悪い姿勢とはどういうものかを説明します。まずひとつは脊柱(背骨全体)の生理的湾曲が維持されていない状態です。私たち人間の背骨は体を横から見た時にS字の湾曲があるのが理想的な状態です。決して首から腰まで背骨が一直線になっているわけではありません。頚椎(首)では前(咽)に反るように前弯があり、胸椎(背中)は肩甲骨の下部で後湾(背中側に山なり)になり、腰椎(腰)でまた再度前弯する、前・後・前のS字のラインが大切なのです。このS字の生理的湾曲があることで腰にかかる負担をうまく逃がすことができ、腰痛などのトラブルを未然に防いでくれているのです。

 私たち人間は進化の過程で四本足の歩行から、二本足で立って歩くようになりました。これにより背骨は垂直方向に荷重かかるようになり土台となる腰や骨盤は大きな負担を背負うことになったのです。これが腰痛は人間の進化の宿命といわれる所以です。しかしこの負担を軽減するためにその後の進化の過程で獲得したのが生理的湾曲なのです。

 腰痛改善の第一歩はこの生理的湾曲を取り戻すことからです。人によって腰椎の前弯が強く腰が反り過ぎて腰痛を発症している人もいれば、前弯が失われ腰痛になっている人もいます。前者は筋肉の弱化や肥満的な体型によるもの、後者は仕事で長時間座っていたり、腰を丸めて作業したりする習慣によるものと原因も人それぞれあります。

 また背骨の生理的湾曲以外にも骨盤の歪みや背骨(椎骨)単体でのズレも、直接的な腰痛の原因になります。さらに歪みやズレを放置していると腰椎椎間板ヘルニアや変性脊椎症などの原因にもなります。これらも日頃の悪い姿勢の積み重ねであり、椅子に座る時に足を組んだり、猫背であったり、荷物を持つ時に片方だけで持ったりしていることで腰や骨盤に過度なストレスがかかり自然に歪んでしまうのです。

 もし、あなたの腰痛が軽いものなら数日の安静とアイシングなどで改善していくでしょう。痛みが強いようでしたら整形外科の薬や注射などの治療が必要かもしれません。この場合でも数日から数週間で改善していく方がほとんどです。(ぎっくり腰なら数日、急性期のヘルニアなら数週間が目安)。しかし残念ながら良い結果を得られない場合は背骨や骨盤の歪みを疑う必要があります。いくら安静にしていても、薬を飲んでも歪んだ骨盤やズレてしまった背骨は元に戻りません。

 整体的に腰痛の改善を考えれば、背骨のS字ラインや土台となる骨盤のバランスは絶対条件です。歪みのない背骨と骨盤なくして腰痛の改善は始まりません。なかなか治らない腰痛や何度も繰り返す腰痛でお困りであれば、現在あなたが受けている治療法に整体等の筋骨格系の矯正的アプローチを追加することが必要です。

こんなにある腰痛の種類

 腰痛とは腰付近の痛みの総称であり、詳しく分ければいろいろな種類の腰痛があります。あなたを困らせている腰痛を知って頂くために、原因部位・発症時期・発痛動作・その他について【腰痛の分類】で紹介しています。

ヘルニアと歪みの関係

 腰椎椎間板ヘルニアは腰の痛みや足のしびれなど日常生活がままならないほどです。ヘルニアの原因はさまざまありますがそのひとつとして骨格の歪みがあります。椎間板に及ぼす骨格の関係について【腰椎椎間板ヘルニアの整体的考察】で紹介しています。

腰椎分離症と歪みの関係

 腰椎分離症はその文字からも連想できる通り、腰椎が分離している状態です。ではなぜ腰椎が分離してしまうのか、どういう人が腰椎分離症になりやすいのか。腰椎分離症の骨格的解説を【腰椎分離症の整体的考察】で紹介しています。

腰椎すべり症と歪みの関係

 腰椎すべり症とはどのような腰痛なのか、どのような状態なのか、腰の痛みだけでなく足の痺れや麻痺も引き起こす可能性のある腰椎すべり症について【腰椎すべり症の整体的考察】でいろいろな角度から詳しく解説しております。

変形性腰椎症と歪みの関係

 変形性腰椎症は文字通り腰椎(背骨)が変形している状態です。変形性腰椎症はどのように起こり進むのか、どのように影響して痛みを発生させるのか。【変形性腰椎症の整体的考察】で骨格的構造から理想的な対処法まで詳しく紹介しています。

腰部脊柱管狭窄症と歪みの関係

 腰部脊柱管狭窄症は中高年に多い症状で他の腰痛よりも厄介な腰痛症と言えます。足の痺れ・感覚の異常・運動神経の異常等、重度の症状を引き起こすこともあります。腰部脊柱管狭窄症の原因と歪みの関係等について詳しくは【腰部脊柱管狭窄症の整体的考察】をご覧下さい。

動作に伴う腰痛と歪みの関係

 もしもあなたの腰痛が動作に伴うものならば骨格のズレ・歪みが原因かも知れません。動作時に起こる腰痛のメカニズムについては【動作に伴う腰痛の整体的考察】をご覧下さい。

ぎっくり腰と歪みの関係

 何気ない動作で腰に激痛が起こるぎっくり腰。治っても繰り返す方も多いはずです。その原因は骨格の歪みにあり、腰椎・仙骨・腸骨のバランスが非常に大切になります。詳しくは【ぎっくり腰の整体的考察】をご覧下さい。

腰椎椎間板の構造とバランス

 これまで紹介した多くの腰痛の原因・要因のひとつである腰椎椎間板についての解説です。腰痛でお悩みの方は椎間板の構造についても知っておくと良いでしょう。腰痛持ちの方は【腰椎椎間板の構造とバランス】をご覧下さい。

ご予約について

icon 電話番号022-265-8166  icon お電話対応可能時間: 10:00~18:30
icon 宮城県仙台市青葉区本町2-1-7 本町奥田ビル6階 仙台駅徒歩6分
仙台あべ整体は完全予約制です。電話にてご予約を受付けております。


仙台あべ整体>痛みと整体>腰痛の整体的考察

ページトップに戻る