メイン画像

スポーツ障害の整体的考察

スポーツ障害と歪みの関係

 スポーツをされている方の痛みはスポーツによる怪我・損傷=スポーツ障害と言えるものですが、それらのスポーツ障害が体の歪みが引き金になっていることも多くあります。しかし実際に起こってしまった場合はまずは整形外科を受診してきちんと検査をすることです。スポーツによる怪我は炎症や損傷を伴うものです。発生から数週間は消炎剤等が必要になると思います。また骨にヒビや骨折がないかもしっかり確認したいところです。ですからスポーツで痛めた場合は第一段階のアクションとしては病院であることを強調したいと思います。それでもし、薬やリハビリで思うように改善しない場合は骨格的な調整を追加して下さい。数カ月改善しない捻挫が矯正により速やかに痛みが取れることもあります。怪我の発生直後の炎症や損傷は薬とリハビリで良くなっていても、足首の歪みが残っているせいで完治出来ないでいることもあるのです。

 プロスポーツ選手や一般の方でもかなりスポーツに力を入れている方を整体的に考察すると腸腰筋・大腰筋、大腿四頭筋の収縮がとても多く見受けられます。プロスポーツ選手のメンテナンスやヘルニア・捻挫・肩痛等を施術すると、どの選手もこれらの筋肉が間違いなく硬いのです。一般の方でも週に2~4日位練習やトレーニングを含めスポーツをされている方も同様に腸腰筋・大腰筋、大腿四頭筋のラインに強い収縮があります。これらの筋肉のうち腸腰筋・大腰筋はヘルニア・すべり症・分離症等の腰痛の原因になります。また大腿四頭筋の収縮は膝の関節水症やジャンパー膝等膝痛の原因になります。さらにこれらの筋肉の異常は骨盤のバランスを崩してしまうので体全体に影響を与えます。例えば捻挫も骨盤の歪みにより発生のリスクが高くなってしまいます。それは骨盤が歪むと足の長さ違ってくるからです。片方の足が片方の足より短くなったりするのです。こんな状態でスポーツをしていたら捻挫する可能性が高くなるだけではなく、腰や膝・股関節・体全体にも良くないことが理解できると思います。この筋肉の硬さを測る指標としてうつ伏せでかかとをお尻に付けられるかどうかです。うつ伏せで膝を曲げかかとがお尻に付くのであれば問題ありません。他の方に足首を持って押してもらっても付かないような方は良くありません。プロスポーツ選手なら競技よっては筋肉量のせいで付きにくい方もいますが、一般人の方であれば考えなければなりません。同じ付かないにしても数センチ位ならいいのですが10センチ以上付かないような方も多く見られるので、根本的にトレーニング・ケアを行う必要があります。

 これらの筋肉の異常収縮の原因はとにかく負荷の掛け過ぎです。鍛えることに主眼を置くあまり柔軟性が欠如しているのです。トレーニング量に対してストレッチ等のケアする時間が圧倒的に短過ぎる方がほとんどです。鍛えた後はストレッチでしっかり伸ばさないと柔軟性に欠ける筋肉になってしまいます。あるプロ野球選手が晩年に肉体改造と銘打って筋肉ムキムキの体に仕上げた選手がいました。個人的には好きな選手でしたのでもうひと花咲かせてもらいたかったのですが、いかんせん怪我に泣かされました。筋肉がある分長打力はあります。まさにホームランアーティストです。年齢的にこれだけ仕上げてきたら怪我をしなければいいなぁと心配に感じたものです。スポーツトレーナーさんはパフォーマンスを上げることを考えます。私たち治療家は痛みを出さないことを考えます。ですから両方の意見を参考にして頂ければ良いのです。鍛えるべきは鍛える。柔軟性をつけるべきは柔軟性をつける。歪んでいる骨格は矯正する。鍛えて、柔軟性をつけて、骨格を正す。これがスポーツ障害の予防には一番です。

 また腸腰筋・大腰筋、大腿四頭筋の他にも競技ごとの体の使い方・クセにより、通常とは異なる体の歪みや筋肉の収縮がそれぞれ見られます。どうしても特定の同じような動きが繰り返されますのでスポーツ別に特徴があるものです。それらについては、野球・サッカー・バレーボール・バスケットボール・テニス・陸上・柔道・水泳・ラグビー・スキーに分けてそれぞれ紹介しようと思います。いずれにしてもスポーツをされる方は腸腰筋・大腰筋・大腿四頭筋の収縮が見受けられます。これらの筋肉に柔軟性をつけることが基本になりますのでご留意下さい。またスポーツを楽しむ・息抜き程度の感覚ではなく、記録や限界に挑戦されている方の場合ですと筋肉の問題だけではなく骨格にも影響していることがあります。ストレッチは予防の為のものであり治療ではありません。状態によってはストレッチで逆に痛めることもあります。ご自分のケアだけで上手く行かない時は早めに骨格矯正を受けてみて下さい。ハードに体を動かしている方は間違いなく歪みがあるものです。

ご予約について

icon 電話番号022-265-8166  icon お電話対応可能時間: 10:00~18:30
icon 宮城県仙台市青葉区本町2-1-7 本町奥田ビル6階 仙台駅徒歩6分
仙台あべ整体は完全予約制です。電話にてご予約を受付けております。


仙台あべ整体>痛みと整体>スポーツ障害の整体的考察

ページトップに戻る