メイン画像

手の痺れの整体的考察

手の痺れと歪みの関係

 手が痺れる原因としては、頚椎椎間板ヘルニア・頚椎椎間板症・変形性脊椎症・胸郭出口症候群等があります。ヘルニアや椎間板症・変形した脊椎のようにレントゲンでも容易に確認できるものもあれば、胸郭出口症候群のようにレントゲンでは判断しにくいものもあります。痺れという症状は神経が圧迫されたり、傷付いたりすることで起こります。では何処で何が原因で神経が圧迫されたりするのでしょうか?ここではヘルニアや椎間板症などのように疾患として病院が扱うもの以外で考えられる原因について見ていきましょう。

 手の痺れを整体的に考察すると、やはり首の骨のズレによる痺れが多く見られます。脳から下降した神経は背骨の中を通り、椎間孔という背骨と背骨の間から出てきます。背骨がズレたり歪んだりすることで、この椎間孔が狭くなり神経が圧迫され炎症も誘発され痺れが出るのです。首の神経はとても繊細です。なぜなら手の動きを支配しているからです。私たちの手の動きは他のどの部分よりも細やかなに動きます。持つ・握る・触れる・つまむ・箸の動き・字を書く・キーボードを打つ・楽器の演奏等々とても繊細で複雑な動きを可能にしてします。ですからそれを支配する首の神経もとても複雑で繊細にできているのです。

 神経は繊細にできているのでとても敏感なものです。ですから背骨のズレが神経に与える影響はとても大きいものになっていまいます。椎間孔で神経が圧迫されると神経の走行に沿って首→鎖骨→肩→胸→二の腕→肘→前腕→手首→指先にかけて痺れ・重苦しさや不快感・感覚の麻痺や異常・痛み等の症状が出てきます。首から指先までの全スパンで症状が出ることもあれば、首から肩までであったり、肘から指先にかけて症状が出たり、首から鎖骨までは痛いのですが肩から腕までは問題なく、手首から指先はまた痛みが出たりと、同じ首が原因でも症状の出る部位はまちまちです。

 さらに首の神経の繊細で敏感な事例として、熱に影響を受けやすいということがあげられます。足に痺れがある人が温泉に入って悪化することは、急性期でない限りほとんどありません。しかし首に問題があって手に痺れのある方が温泉に入ると痺れが強くなることが多いのです。急性期を過ぎた方でもビリビリと痺れが強くなります。温泉の効能よりも先に熱が神経に影響して炎症を強め負担をかけているのです。炎症とは患部が熱をもっていることです。火事になっていると思って下さい。ですから首に炎症があるのに温泉に入るという事は、熱に熱を加えることになり、火に油を注ぐのと同じ行為なのです。特に急性期は炎症も強いので家のお風呂も軽めの方が良いでしょう。

 このように神経が繊細で敏感であるがゆえに、頚椎の矯正は慎重に行わなければなりません。お風呂や温泉の熱にさえ影響を受けるほどですから、ボキボキした矯正・整体では返って炎症を強めてしまう可能性があるので注意が必要です。この場合に有効なのがアクティベータ治療器による矯正です。この矯正器具なら背骨や神経に負担をかけずに安全に矯正することができます。頚椎をしっかり整えて首の問題を解決することで症状の改善が期待できます。手の痺れの原因はいろいろありますが、整体的に単純にズレ・歪みということも多いものです。またさまざまな首の病気も頚椎のズレが原因で引き起されているケースが多いものです。頚椎のバランスは首の問題解決には欠かせない重要なポイントです。

ライン


斜角筋症候群(胸郭出口症候群)と歪みの関係

 斜角筋症候群は胸郭出口症候群のひとつであり、首の筋肉により引き起こされます。首の凝りだけでなく手が痺れる・手が冷えるような場合は斜角筋の関与が疑われます。詳しくは【斜角筋症候群の整体的考察】をご覧下さい。

鎖骨下症候群と歪みの関係

 鎖骨下症候群は胸郭出口症候群のひとつです。薬を飲んでも、マッサージを受けても改善しないような手の痺れがある方は【鎖骨下症候群の整体的考察】をご覧下さい。

小胸筋症候群と歪みの関係

 小胸筋症候群は胸郭出口症候群のひとつであり、胸の筋肉の問題で発症します。病院で首のレントゲン検査を受けても異常が無いような場合は【小胸筋症候群の整体的考察】をご覧下さい。

上肢筋膜性神経痛と歪みの関係

 手の痺れの原因は首や胸だけの問題ではありません。手・腕の筋肉を覆っている筋膜の歪みでも起こることがあるのです。詳しくは【上肢筋膜性神経痛の整体的考察】をご覧下さい。

ご予約について

icon 電話番号022-265-8166  icon お電話対応可能時間: 10:00~18:30
icon 宮城県仙台市青葉区本町2-1-7 本町奥田ビル6階 仙台駅徒歩6分
仙台あべ整体は完全予約制です。電話にてご予約を受付けております。


仙台あべ整体>痛みと整体>手の痺れの整体的考察

ページトップに戻る