メイン画像

膝痛の整体的考察

膝痛と歪みの関係

 加齢に伴い膝の痛みを感じる方は多くなるものです。歩くと痛む、立ち上がろうとすると痛む、階段の昇り降りで痛む、正座をすると痛む、膝に水が溜る等、さまざまな症状でお悩みの方がいらっしゃいます。しかしこれらの膝痛の多くは早い段階で膝関節のバランス矯正をしていれば防げていた可能性があるのです。

 膝付近に痛みが発生して病院に行きレントゲン検査の結果、変形性膝関節症と診断されたとしましょう。この場合その膝の変形は昨日今日で急に変形したのではなく、何年かの時間をかけて徐々に変形したものです。つまり痛みが起こるまでにはある程度の時間的猶予があったのです。では何故変形が始まったのか、その原因のひとつが膝関節の歪みなのです。

 膝関節が歪んだままでは関節がぶつかり合い擦り減ったり、筋肉が傷付いたりすることは容易に想像できると思います。膝がギシギシしているのにそのまま放置して生活するうちに何年かの時間をかけて変形や炎症を引き起こしているのです。よく膝の為にということでウォーキングや筋トレに励んでいる方もいらっしゃいますが、膝関節が歪んだままで負荷をかければ余計に状態を悪くするだけです。もちろん運動は必要です。しかしせっかくの努力がかえって膝の負担になっていたりすることもあるのです。ですからいろいろ試してもあまり思わしくない膝痛は、膝関節のバランスを改善し膝関節にかかる負担を軽減することが何より大切なのです。

 そして、膝のバランスを改善するということは膝の歪みだけを矯正すれば済むという問題ではありません。膝のバランスを良くする為には膝以外にも股関節が重要になります。当たり前の話ですが膝関節は大腿骨(太ももの骨)と下腿骨(膝下の骨)とを連結する関節です。大腿骨(太もも)は骨盤と股関節で連結なりますので股関節が歪めば当然膝関節も歪むのです。膝にだけアプローチしていても治らないのはその為です。同様に骨盤の歪みも膝に影響を及ぼします。また腰椎の3番も膝関節の安定には重要なポイントです。このように簡単に例をあげただけでも膝以外の必要性がご理解頂けると思います。

 次に筋肉のバランスを考慮すると、大腿四頭筋が第一に気になるポイントです。この筋肉の問題で膝を悪くしている人は本当に多いものです。変形性膝関節症のページで詳細しますがレントゲン等の検査をして骨に異常がないと言われたのにもかかわらず、膝に痛みがあったり正座が辛い方はこの筋肉の改善で症状が好転する場合が多くみられます。他にもハムストリングスや大腿筋膜張筋、下腿三頭筋も膝の歪みに影響します。

 膝関節の歪みは膝のさまざまな症状を引き起こします。杖をつき歩くのも困難なほど膝関節が変形している場合は矯正の効果は期待できません。しかし程度の軽い初期の段階の変形なら矯正と投薬で改善する方も多いのです。膝が完全に変形してしまう前に歪みに対するケアを始めて下さい。またレントゲン等の検査をしても異常がないような場合は歪みによる炎症でしょうから矯正すれば早期の回復が期待できます。

ライン

変形性膝関節症と歪みの関係

 変形性膝関節症は関節が変形することですが、矯正することにより痛みをやわらげたりすることは可能です。進行度合いにもよりますが、完治は困難でも階段の上り下りや正座が楽にできるようになる方も多いものです。詳しくは【変形性膝関節症の整体的考察】をご覧下さい。

関節水症(関節水腫)と歪みの関係

 膝の症状でも長い間苦しめられるのが関節水症(関節水腫)です。膝に水が溜る現象と骨格の関係について紹介します。繰り返す膝の水にお悩みの方は【関節水症(関節水腫)の整体的考察】をご覧下さい。

膝蓋靭帯炎・ジャンパー膝と歪みの関係

 バスケットボールやバレーボール等のジャンプを頻繁に行う競技での発症が多いです。当院ではプロスポーツ選手のジャンパー膝もケアしておりますのでお任せ下さい。【膝蓋靭帯炎・ジャンパー膝の整体的考察】で詳しく解説しております。

鵞足炎と歪みの関係

 膝の内側に痛みがあり、X脚の方は鵞足炎の可能性があります。薬の服用で改善しない場合はX脚に対するアプローチが有効です。詳しくは【鵞足炎の整体的考察】をご覧下さい。

たな障害と歪みの関係

 たな障害とは膝にある滑膜の問題によるものです。直接的にはたなと呼ばれる滑膜に対してアプローチすることになりますが、投薬等でも改善されない時は膝関節の骨格矯正が有効です。詳しくは【たな障害の整体的考察】をご覧下さい。

膝関節の解剖

 膝の痛みはさまざまありますが、症状の特徴を知るだけでなく膝の構造についても知ることで、よりご自分の膝痛と向き合う事が出来ます。詳しくは【膝関節の解剖】をご覧下さい。

腸脛靭帯炎と歪みの関係

 腸脛靭帯炎は膝や太ももの外側にかけての痛みを引き起こします。O脚や脚の歪みがある状態で運動をしていると発症する可能性が高くなります。【腸脛靭帯炎の整体的考察】で症状と骨格バランスについて詳しく解説しております。

ご予約について

icon 電話番号022-265-8166  icon お電話対応可能時間: 10:00~18:30
icon 宮城県仙台市青葉区本町2-1-7 本町奥田ビル6階 仙台駅徒歩6分
仙台あべ整体は完全予約制です。電話にてご予約を受付けております。


仙台あべ整体>痛みと整体>膝痛の整体的考察

ページトップに戻る