メイン画像

足の痺れの整体的考察

足の痺れと歪みの関係

 足の痺れを引き起す原因としては腰痛の整体的考察で紹介した腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・腰椎すべり症等があげられます。これらの疾患は病院でレントゲンやMRIで検査すれば容易に確認できるものがほとんどですが、さまざまな医療機関で検査をしても異常が見つからないでお困りの方も多くいらっしゃいます。

 医学的に原因不明の足の痺れの場合、内臓や血液などの問題もあるかも知れませんが単純に筋骨格系の歪み、アンバランスということも意外と多いものです。痺れという症状・状態は神経がダメージを受けた結果です。ではその神経がどこでダメージを受けているかを探れば良いのです。腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症・腰椎すべり症の他にも、整体的に考察すると腰椎・骨盤・股関節・踵等のズレでダメージを受けていることが多く見受けられるのです。

 まず腰椎についてですが、背骨の中にある脊髄神経は背骨と背骨の間の椎間孔という隙間から出てきます。この神経の出口にあたる椎間孔が背骨のズレによって狭くなることで、神経を圧迫してダメージを与えている事があります。ダメージというのは神経が圧迫されたりすることで、炎症が起きたり傷付けていたりすることです。また神経には直接的に触れていなくても骨がズレることで関節周辺の軟部組織が炎症を起こし、その炎症が神経に飛び火することもあります。そして酷い場合は神経の走行に沿って痛みやしびれが広がることもあるのです。

 炎症の飛び火・広がりについてですが、足ではないのですが腕では私も経験があります。施術中に肘を痛めて特に何も処置をしないでいたら、痛みが肘から手首にまで広がってきました。その時点でアイシングでもやっていたら治まったのでしょうが、そのうち治るものと思いそのままにしていると、今度は指先と肩の2方向へ神経の走行に沿って広がり首の付け根にまで痛みが到達しました。その時私は身を持って神経は繋がっているんだなぁと実感できたのです。ですから足についてもどこかで炎症が起きれば同様の事態が起こるのです。

 次に腰を出た神経は骨盤・股関節に向かい走行します。骨盤がズレると坐骨神経や大腿外側皮神経にダメージを与えます。骨盤は仙骨という中央の骨を中心に前方に回転するようにズレたり、後方に回転するようにズレたりします。前方にズレると大腿外側皮神経が影響を受け、後方にズレると坐骨神経が影響を受けます。また股関節のズレも同様に坐骨神経や大腿外側皮神経に影響を与え、特に大腿骨頭と仙骨に付着す梨状筋による足の痺れがもっとも多いかも知れません。 

 この他にも筋膜が原因で痺れていることや、アキレス腱と踵のバランスで痺れていることもあります。このように足の痺れは病院で診断される、腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・腰椎すべり症以外でも筋骨格の問題で発生している場合もあるのです。足の痺れには薬や注射も有効です。レントゲン等の検査も重要です。同様に自分の体の歪みを矯正することの必要性もご理解下さい。筋骨格系の影響で痺れている状況について細分化して詳しく紹介していきます。

ライン

坐骨神経痛と歪みの関係

 足の痺れといえば坐骨神経痛。多くの方がこの名前を耳にしたことがあると思います。しかし、聞いたことはあるけれど詳しくは知らない方がほとんどではないでしょうか。足が痺れているから何でも坐骨神経痛ということではありません。気になる足の痺れでお困りの方は【坐骨神経痛の整体的考察】をご覧下さい。

大腿外側皮神経痛と歪みの関係

 長期の足の痺れでお悩みの方で、原因不明・検査しても特に異常が見当たらない・特に病名も告げられないような場合、この大腿外側皮神経が影響している可能性があります。詳しくは【大腿外側皮神経痛の整体的考察】をご覧下さい。

梨状筋症候群と歪みの関係

 レントゲンやMRI等の検査を受けても骨には異常が無いと言われた方はこの梨状筋症候群を疑ってみる価値はあります。原因がはっきりいない足の痺れでお困りの方は【梨状筋症候群の整体的考察】をご覧下さい。

下肢筋膜性神経痛と歪みの関係

 下肢筋膜性神経痛とは足の筋肉を覆っている筋膜が起因する痛みや痺れです。病院で特に病名も特定されない方や症状の改善がない方は筋膜に対するアプローチも一考下さい。詳しくは【下肢筋膜性神経痛の整体的考察】をご覧下さい。

ご予約について

icon 電話番号022-265-8166  icon お電話対応可能時間: 10:00~18:30
icon 宮城県仙台市青葉区本町2-1-7 本町奥田ビル6階 仙台駅徒歩6分
仙台あべ整体は完全予約制です。電話にてご予約を受付けております。


仙台あべ整体>痛みと整体>足の痺れの整体的考察

ページトップに戻る