メイン画像

整体レポート:緊張型頭痛1

30代の男性

 発症・状態:2、3年前より頭痛が起こるようになり市販の薬を飲むようになる。だんだんと症状が強くなり薬を飲んでも効かず、頭が締め付けられるようになり病院の診察を受ける。医師からは緊張性頭痛と言われ処方された薬を2カ月程飲んでいるうちに自然と治まる。今回も2カ月前から頭痛が酷くなり同じ薬を飲んでいたがなかなか改善しなかったので整体も受けてみようと来院。病院での検査としてはレントゲン・MR・CT等を受けるも特に異常は見つからなかったとのこと。

 矯正・経過:この方の緊張型頭痛は後頭部に強い痛みを感じるとのことでした。首のバランスを確認すると頚椎よりも鎖骨の下方のズレが大きく感じられました。また足の第4指、第5指間の筋肉に強い緊張が確認されました。緊張型頭痛で来ている患者さんに対して鎖骨と足の指?と思われるかも知れませんが、なかなか治らない緊張型頭痛の場合には鎖骨と足の指は重要な矯正ポイントです。まして市販の薬ではなく病院から処方された薬が効かないという場合は首や頭の歪み対する整体だけでは不十分なのです。初回は首や鎖骨の矯正と胸鎖乳突筋・大胸筋・前斜角筋など体前面の筋肉の整体をして終了。2回目は頚椎の骨格矯正と左頚部筋群の調整、脳脊髄液のポンプ調整。3回目で再度足の第4指、第5指の筋調整と頭皮のリンパケアを施術。この頃は依然として薬は手放せないものの緊張型頭痛の痛みは軽くなって来ている事を実感できるようになる。7回目でようやく頭痛のない日が、ある日より多くなる。ここでバランスを安定させる為に腸腰筋のエクササイズを指導。2カ月後来院時には一度も頭痛もなく薬も飲まなかったとのことなのでこれで終了としました。

 まとめ:病院で処方された薬を飲んでも治らない時はやはり一度しっかりした検査を受けることが大切です。私たちは手に伝わる感覚で筋肉の緊張や骨格の歪みを判断していきますが、脳の中までは知ることはできません。頭痛の方は通常、長時間仕事やパソコンなどをしていると痛みが出るとおっしゃいますが、この方は朝起きた時から頭痛があり酷いときは痛みで目覚めることもあったそうです。薬を服用していてもこのような状態が2カ月も続いているのならMRやCT等の専門的な検査をすることが必要です。症状によっては検査をお願いすることもあります。腰痛や膝痛と違い脳の問題の可能性もあるからです。この方は11回(3カ月)の施術で頭痛もなくなり終了としましが、その後も2、3カ月に1回のペースで数回整体を受けに来られていました。特に痛みや変わったことがあるわけでもないのですが、また痛くなったらとの不安からでした。メンテナンスは非常に大切です。整体院によっては治ってからもエンドレスでメンテナンスとして通わせるところも多いようですが、私は整体院は治してナンボと思っています。ですから余程酷い状態の方以外には毎月定期的に通わせることはしておりません。この方も何回かメンテナンスで来られていましたが再発もなく完全に卒業されました。

※緊張型頭痛の発症を整体的に筋骨格の問題から解説している【緊張型頭痛の整体的考察】もご覧下さい。

ご予約について

icon 電話番号022-265-8166  icon お電話対応可能時間: 10:00~18:30
icon 宮城県仙台市青葉区本町2-1-7 本町奥田ビル6階 仙台駅徒歩6分
仙台あべ整体は完全予約制です。電話にてご予約を受付けております。


ページトップに戻る