メイン画像

整体レポート:頭痛編

30代の女性

 発症・状態:半年前位から頭痛が酷くなる。もともと学生時代からの頭痛持ちであったが、頭痛薬を飲むのは月一回程度で飲めばすぐに治っていた。ところが半年前位から徐々に頭痛の頻度が増えそれに伴い薬を飲む回数もどんどん増え、最近ではほぼ毎日のように薬に頼っている状態。一か月前位からは整骨院に週3回ペースで通ってみたが症状は変わらず、今度は整体を受けてみようと思い当院へ来院される。

 矯正・経過:この方のように年齢と共に頭痛薬が効かなくなるという方は多いと思います。その場合病院等の強い痛み止めに切り替えるのではなく、とりあえず整体で骨格的なものを矯正することが理想です。歪みが原因でこれまで効いた薬が効かないでいることもあるのです。緊急性の無い場合は整体で歪みを取り除いてみてから判断しても遅くありません。この方も自覚はないのですが、実際に骨格を調べるとかなり歪んでいました。歪みの確認として、まず首の可動のチェックですが、この方は左を向く時はスムーズに動かせるのに右を向こうとすると引っ掛かりを感じ動かしにくい状態でした。頚椎の触診では第6頚椎の後方変位(ズレ)がすぐに把握できました。また左側頭筋の緊張、左胸鎖乳頭筋の緊張・それに伴う鎖骨の上方変位(ズレ)が確認されました。それら歪みの矯正後に脳脊髄液の循環を促進する整体を追加、さらに上部僧帽筋・大胸筋・小胸筋のリンパ調整をして様子を見てもらうことにしました。三日後来院時には整体後も頭痛はあるもののこれまでのような強い痛みではなく、薬を飲まないでも我慢できるようになったとのこと。その日は前回同様に頚椎の矯正と上部僧帽筋・大胸筋・小胸筋のリンパ調整と脳脊髄液の循環促進に加え、棘下筋・肩甲挙筋・広背筋の調整と顎関節の矯正を追加。三回目の来院時には頭痛自体も軽減・または頭痛が無い日もあり、明らかな改善傾向を示すようになりました。

 まとめ:私も患者さんも双方に改善傾向が感じられれば整体の間隔を次第に開けていくようにしております。三回目以降は一週間・二週間に一回と合計六回の矯正で終わりとしました。長年の頭痛が一回でガラリと変わることは難しいですが一回の整体ごとに何らかの変化・軽減・改善は実感頂きました。歪みが減少すれば頭痛も軽減されるのです。この方の整体ポイントは鎖骨と顎関節でした。頚椎だけにとらわれていては早期の頭痛改善は期待できないのです。整体は体全体を見て判断するものです。

※頭痛の発症を整体的に筋肉や骨格の歪みから解説している【頭痛の整体的考察】もご覧下さい。

ご予約について

icon 電話番号022-265-8166  icon お電話対応可能時間: 10:00~18:30
icon 宮城県仙台市青葉区本町2-1-7 本町奥田ビル6階 仙台駅徒歩6分
仙台あべ整体は完全予約制です。電話にてご予約を受付けております。


ページトップに戻る