メイン画像

整体レポート腰痛編

50代の男性

 発症・状態:2週間前より腰に痛みを感じる。普段は腰の疲労感程度はあるものの特に腰痛持ちというレベルではない。心当たりとしては2週間前に倉庫の整理を長時間していたこと。しかし荷物の整理をしていたからと言って、荷物を持った時や屈んだ時に痛みを感じた記憶はない。瞬間的にギクッとではなく徐々に痛み出し、現在では動いていても座っていてもジンジンと痛みを感じる状態。職場の同僚が当院の患者さんで自分の腰痛も治ったからと紹介を受けて来院。

 矯正・経過:初回の歪みのチェックでは中高年の男性に多くみられる仙骨の歪みがありました。仙骨の歪みはとても大きくご本人は記憶に無いのかも知れませんが倉庫整理の作業中に腰を捻っている可能性があると感じました。まず仙骨と腰椎5番の間隔を広げる矯正をすると歩く動作の時に出る腰の響きが軽くなりました。次に腰椎の1番から5番の椎間関節を広げる矯正をすると前屈する動作での痛みが軽くなりました。その後は筋肉の炎症を考慮して腰部の筋肉のリンパの流れを良くする調整を追加して初回は終了。この方は急性期の段階からアイシングは一切やっておらず、炎症による影響も考えられるので次回来院するまでの間のアイシングを指導しました。2回目来院時には痛みは7割程改善されており、骨盤の歪みが無くなるとこんなにも変わるものかと喜んで頂けました。3回目には痛みは若干残るもののほとんど気にならないようなので、万一痛みが戻るような時だけまた来てもらうことにして終了としました。

 まとめ:掃除や運動などをしていて瞬間的に骨がズレることはよくあることです。おかしいなと思ったらまずはアイシングが有効です。アイシングをしても痛みが取れなかったり、日に日に強くなるようでしたら矯正が有効です。歩けないほどに痛みが増してくる場合は突発的な骨のズレだけでなく、椎間板の損傷の可能性もあるので病院でのレントゲン等の検査も必要になるでしょう。とにかく最初のアプローチがその後の経過を左右します。治療家サイドは慎重に見極めなければなりませんが、私も駆け出しの頃はその差がわからずとにかく全ての患者さんにマッサージをしていました。揉むと一時的には気持ち良くなります。でも揉むと患部の炎症を強めてしまうのです。ぎっくり腰というレベルでないにしても急に痛くなった痛みは炎症をともなう可能性が高いものです。揉んだりお風呂やホッカイロ等で温めることはせずに速やかに患部を冷やして下さい。

※腰痛の発症を整体的に筋肉や骨格の歪みから解説している【腰痛の整体的考察】もご覧下さい。

ご予約について

icon 電話番号022-265-8166  icon お電話対応可能時間: 10:00~18:30
icon 宮城県仙台市青葉区本町2-1-7 本町奥田ビル6階 仙台駅徒歩6分
仙台あべ整体は完全予約制です。電話にてご予約を受付けております。


ページトップに戻る