メイン画像

整体院or整形外科

選ぶ際にこれだけは把握しておきたいポイント

 頭痛・肩こり・五十肩・腰痛・神経痛・膝痛・股関節痛・手足の痺れ等、いろいろな症状でお悩みの方が大勢いらっしゃると思います。自分は整体か整形か、どこに行ったら良いのか悩んでいる方も多いかも知れません。私はどこか痛くなった場合はファーストアプローチとして先ずは病院に行くことをおすすめしています。ほとんどの方は整形外科等の病院で治ることと思います。ですからわざわざ保険の使えない整体院で高い料金を払う必要はないと思います。

 しかし残念ながら病院で良い結果を得られないで困っている方も少なからずいらっしゃいます。そんな時は次なるアプローチとして整体的な療法を考えて頂きたいと思います。整体院では病院と違って投薬や注射等の治療行為は出来ません。整体院が出来ることは体の歪みを取ってあげることです。そしてこの歪みを取ることが病院で納得いく結果を得られなかった方にとても重要なのです。なぜなら歪みが原因で症状を引き起こしていることもあるからです。薬を飲んでも歪みは改善しません。注射やシップでも歪みは戻りません。歪みは整体で戻すしか手は無いのです。

 よく病院に行ったけど治らないと文句を言う人がいます。しかしこの場合薬が効かないのではなく、薬が効かない体にしたことを忘れてはいけません。つまり普段の悪い姿勢や生活習慣が歪みをつくり結果、薬で対応できなくなっているのです。私は患者さんにいつも言っているのですが、痛みのほとんどは病院で治るものであり、治らないのは歪みがあるから、そして歪みをつくったのは自分自身であることをお伝えしています。

 昔の整体の先生は、「病院に行く必要はない。」とか「薬は飲むな。」等ドクターを否定する先生が多かったように思います。確かに何年もの間、薬や注射漬にされることは良くないかも知れません。しかし整体より薬やシップの方が有益な時期もあると私は考えます。ですから当院では患者さんの状態により病院との同時治療を提案しております。では整体より薬やシップが有益になる場合はどんな時かと申しますと、それは急性期の段階や炎症が強い場合です。薬やシップで歪みは取れませんが、炎症は取れます。整体にも炎症に対する手技はありますが、消炎剤の方が効率的だと思います。痛くなったら先ずは病院へとすすめているのは急性期の場合炎症を伴う可能性が高いからです。

 強い炎症を伴う痛み、損傷性の痛み、打撲性の痛みは病院。姿勢や生活習慣からくる歪みが原因の痛みには整体。それぞれ最適なものを選択すればいいと思います。炎症は数日で治まるものです。薬を数日服用してそれで治らないなら整体を受けてみれば良いのです。強い炎症が治まってなお痛みが残る場合、歪み取ることで改善する例はたくさんあります。病院で検査をして痛いのにもかかわらず、どこも異常がないと言われたなら整体に来てみたらいいのです。異常がないと言われた人が整体で改善する例はたくさんあります。我々の言うところの筋肉や骨格の歪みはレントゲンには写らないものです。

 私はいろいろな整体・療術の研究会や協会・団体に所属しています。中には整形外科の先生や癌患者さんを診ている外科の先生もいらっしゃいます。医師の立場でありながら民間療法である整体や手技療法を習いに来られているのは、整体の有効な部分をご理解されているからだと思います。つまり歪みに対するアプローチの有効性です。ですからどこか痛くてお困りなら先ずは病院、それで良くならないのなら歪みを疑って整体に行く。これが、体が痛い時の整体院の適切な利用の仕方ではないかと思います。

※癌患者さんを診ている先生は歪みを取る手技ではなく、リンパの流れを良くする手技を取り入れていらっしゃいます。

※当院では整形外科さんとの併用治療は認めておりますが、整骨院・接骨院の場合はお断りしております。詳しくは【整体院or整骨院】をご覧下さい。

ご予約について

icon 電話番号022-265-8166  icon お電話対応可能時間: 10:00~18:30
icon 宮城県仙台市青葉区本町2-1-7 本町奥田ビル6階 仙台駅徒歩6分
仙台あべ整体は完全予約制です。電話にてご予約を受付けております。


仙台あべ整体>ご予約前に>整体院or整形外科

ページトップに戻る